関連リンク:データ消去/破壊に関するガイドライン

記録媒体のデータ漏洩事例

神奈川県情報流出事件(2019年12月)
神奈川県にてHDDのデータを復元出来なくする作業を委託された業者が、HDDを転売しておりデータが流出しました。
データ量は「六法全書約75冊分」
こちらの事例を受け、記録媒体のデータを破壊することが強く求められています。
弊社ではデータ破壊にいち早く取り組んでおり、豊富な実績もございます。

データ消去/破壊方式の比較

  1. データ消去 0や1などのデータを上書きして元のデータを消去する。
  2. 磁気破壊  記録部分に強力な磁気を当ててデータを破壊する。
  3. 物理破壊  記録部分に穴を開けたり、破砕してデータを破壊する。

HDD・SSD破壊比較表→https://soho-jp.com/products/hddcrush-hikaku/

1、データ消去 2、磁気破壊 3、物理破壊
再利用 × ×
処理時間 ×
HDD故障時の消去/破壊 ×
SSD対応 ×
破壊状態の視認性 × ×

物理破壊の例

HDD物理破壊の例 SSD物理破壊の例 テープ破壊の例

全ての方式で証明書を発行可能です。
導入事例 官公庁、都立高校、サーバー会社など
また機器のレンタルや代行サービスもございます。https://soho-jp.com/service/hddssdcrash/
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら