デュプリケータ(VinpowerDigital製コントローラに対応)とPCを接続する拡張ボード
PCコネクトカード
PCとデュプリケータ間のイメージファイル移動が可能になります

 

VPD-UP-GBLAN VPD-UP-USB3.0 VPD-UP-USB-eSATA

 

特徴

全ボード共通仕様

  • PCと接続し、イメージ化したマスターのデータをPCにコピーしてバックアップを取ったり、PCで作成したISOディスクイメージを転送してデュプリケーターで利用できます。
  • デュプリケータ内部のHDDを外付けHDDとして認識させ、利用することができます。

※接続したPCからデュプリケータの操作は行えません。HDD内へのアクセス(データ転送)のみ行えます。

GigabitLAN&USB3.0接続ボード VPD-UP-GbLAN

  • イーサネット(LAN)接続で、複数台のPCからアクセスできます。
  • LANは1000Base-T規格です。(転送速度理論値1000Mbps)
  • USBは3.0規格です。(転送速度理論値5000Mbps)

※LANとUSBのコネクタは同時に利用することはできません。
※必要環境: 付属ソフトウェア Duplicator NetworkCenter バージョン2.0以降

USB3.0接続ボード VPD-UP-USB3.0

  • USB接続のみで、低価格の接続ボードです。
  • USBは3.0規格です。(転送速度理論値5000Mbps)

eSATA&USB接続ボード VPD-UP-USB

  • eSATAとUSB2.0の両規格による接続が可能です。
  • eSATAはSATA2規格です。(転送速度理論値3000Mbps)
  • USBは2.0規格です。(転送速度理論値480Mbps)

※eSATAとUSBのコネクタは同時に利用することはできません。

仕様

型番 VPD-UP-GbLAN VPD-UP-USB3.0 VPD-UP-USB-eSATA
外部接続ポート GbLAN x 1, USB3.0 x 1 USB3.0 x 1 eSATA x 1, USB2.0 x 1
内部ポート コントローラ側SATAコネクタ x 1, ドライブ側SATAコネクタ x 1
電源 FDD用4ピン
動作湿度 20% ~ 80%
動作温度 5℃ ~ 40℃
対応規格 FCC, CE, RoHS

 

ご利用の注意点

  • VinpowerDigital社製SATAコントローラ 『 VPDS-xT 』 (xはターゲット数の数字)シリーズ専用です。IDE接続のカードは利用不可です。
  • コネクトカードを利用するデュプリケータにはHDDを搭載している必要があります。
  • コントローラのチップの世代によって利用ができない場合があります。詳しくはお問い合せ下さい。