※DSC-800Sシリーズの後継機種となります

SDカード、MicroSDカード用デュプリケータ
DSC-800Bシリーズ
従来のタワー型と比べて本体サイズを更に小型化

 


DSC-831B

 

特徴

SD/Microカードデュプリケーターのタワー型モデル新製品シリーズ「DSC-800B」です。(型番末尾にBが付きます)
旧DSC-800Sシリーズと比べて、1ベイ当りのスロットを4個から8個に倍増する事で、高さが約1/2のサイズになりました。より小さなスペースで、多くの枚数が処理可能です。
ラインナップも、旧モデルが1:47までだったものが、最大で1:87までとバリエーション豊かになり、作業内容の効率化が図れます。

 

  • スタンドアローン、PC無しで動作します
  • 4個のキーと見易い2 ×16 文字表示の LCDで簡単操作
  • 各チャネルが独立して動作する逐次書込み(Asynchronous)に対応
  • カード容量や形式の制限はありません。
    また、FAT16/32、exFAT、NTFS、Mac(HFS+)、Linux(Ext2/3/4)の場合には、自動的にファイルだけをコピーするためコピー時間が早くなります。
  • 旧シリーズ「8xxS」と比べて、高さが約1/2のサイズに小型となりました。

 

機能

  • コピー、コンペア、コピー+コンペア連続稼働
  • フォーマット(FAT形式)
  • クイック消去、完全消去(ゼロ書込1回)
  • 各種設定機能(ビープ音,日本語/英語切替 etc…)
  • コピー速度(最大): 33MB/秒
    ※内蔵バッファーメモリ(128MB)を利用してコピーしますので、HDDは内蔵しておりません。

 

モデル別仕様

型名 DSC-807B DSC-815B DSC-823B
ターゲット 7 15 23
外寸 190 (W) x 286 (D) x 174(H)mm 190 (W) x 286 (D) x 174(H)mm 180 (W) x 420 (D) x 280(H)mm
重量 4.1kg 4.2kg 6.3kg

 

型名 DSC-831B DSC-839B DSC-847B
ターゲット 31 39 47
外寸 180 (W) x 420 (D) x 280(H)mm 180 (W) x 420 (D) x 372(H)mm 180 (W) x 420 (D) x 372(H)mm
重量 6.4kg 7.9kg 8.0kg

 

型名 DSC-855B DSC-863B DSC-871B
ターゲット 55 63 71
外寸 180 (W) x 420 (D) x 465(H)mm 180 (W) x 420 (D) x 465(H)mm 180 (W) x 420 (D) x 601(H)mm
重量 9.7kg 9.8kg 12.5kg

 

型名 DSC-879B DSC-887B
ターゲット 79 87
外寸 180 (W) x 420 (D) x 601(H)mm 180 (W) x 420 (D) x 601(H)mm
重量 12.6kg 12.7kg

 

全機種共通仕様

バッファメモリ 128MB
対応メディア SDカード, MicroSDカード
対応言語 日本語、英語
ディスプレイ 2×16  モノクロLCD
主な機能 コピー、コンペア、コピー+コンペア、CF情報表示、クイックイレーズ、フルイレーズ、読込み速度の測定、書込みテスト など
データのみコピー
対応フォーマット
FAT16/32、exFAT、NTFS、Mac(HFS+)、Linux(Ext2/3/4)
コントロールボタン 4 (Up, Down, OK, Esc)
LED 各スロット2個づつ (緑/赤)
SDスロット耐久性 5000回
動作湿度 20% ~ 80%
動作温度 5 ~ 45℃

※ 数値は目安であり、耐久性を保証するものではありません。
※ コピーが行えないセクタが存在する場合には処理を中断し、エラーとなります。エラースキップ機能はございません。
※ パーティション情報は変更できません。マスターと比べて大きな容量のターゲットにコピーした場合、マスターのパーティション情報がそのままコピーされるため、ターゲットの容量表示が減少することがあります。