ディスクのコピーから破壊まで。デュプリケーター、HDD/SSD物理破壊機の製造・販売
製品情報

CFastデュプリケータ  CFS-900Sシリーズ

  • スロット位置を斜めに設置したデザインで、抜き挿しがより便利になりました。
  • 内部最大転送速度66MB/sの高速処理。
  • 個別のスロット故障が発生した場合に、修理に出さずにその場で対応ができる「クイックソケットスワップモジュール」を採用しています。
  • 豊富な機能
    コピー元とコピー先のサイズの異なる場合でもデータのコピーが可能。フォーマット,速度の測定、メディアのテスト,クイック削除,完全削除などの機能があります。
  • PCリンク機能
    PCとUSBで接続して、動作状況のモニタリングと、動作ログの記録が行えるソフトウェアと連動させることができます。最大4台まで1つのPCに同時接続が可能です。
    (PCリンク機能でデュプリケーターを操作することは出来ません)
  • カードのフォーマット形式による制限はありません。フォーマット形式に関わらずコピーする事が可能です。
    またFAT16/32、exFAT、NTFS、Mac(HFS+)、Linux(Ext2/3/4)の場合には、自動的にファイルだけをコピーするためコピー時間が早くなります。
特徴
仕様
ギャラリー
アクセサリ
ダウンロード
  

その他

  • コピー、コンペア、コピー+コンペア連続稼働
  • フォーマット、フラッシュメモリ内の情報表示
  • クイック消去、完全消去(ゼロ書込1回)、DoD方式完全消去(ランダム3回)
  • 各種設定機能(ビープ音,日本語/英語切替 etc…)
  • コピー速度(最大): 66MB/秒
    ※内蔵バッファーメモリを利用してコピーしますので、HDDは内蔵しておりません。

 

PCリンクの接続例(3台同時接続の場合)

最大で4台までのデュプリケータの動作状況をモニタリングと稼働ログ取得が可能です。

 

PCリンクソフトのサンプル画面

 

 

製品型番ラインナップ

型名 CFS-907S CFS-915S CFS-923S CFS-939S
ターゲット数(同時コピー最大数) 7 15 23 39
寸法(W x D x H mm) 298 x 167 x 133 298 x 210 x 158 290 x 250 x 180 293 x 342 x 235
重量(kg) 3.3 4.2 5.3 7.7

仕様

サポートメディア CFast (※1)
内部最大転送速度 66MB/s (※2)
動作形態 スタンドアロンタイプ(PCは使いません)
データのみコピー対応フォーマット FAT16/32、exFAT、NTFS、Mac(HFS+)、Linux(Ext2/3/4)
液晶表示 2行 × 20文字 モノクロLCD
コントロールボタン 4個のプッシュボタン装備(↑,↓,○,×)
LED 各ポートにLED(赤 / 緑)を装備
スロット耐久性 5000回 (※3)
動作温度 0 ~ 75℃
動作湿度 20 ~ 80%
電源 AC100V
保証期間 1年

※1 コピープロテクトの施されているメディアのコピーは出来ません。また、低品質ブランクメディアを使用した場合には正常に書き込みできない場合があり ます。書き込みエラーによって発生した損害については補償しておりません。 ※2 速度はフラッシュメモリの転送速度によって制限される場合があります。  ※3 数値は目安であり、耐久性を保証するものではありません。※4 パーティション情報は変更できません。マスターと比べて大きな容量のターゲットに コピーした場合、マスターのパーティション情報がそのままコピーされるため、ターゲットの容量表示が減少することがあります。

    品名・型名 画像 説明

    CFast用交換ソケット

    CFS-900SK

    CFS-900シリーズ共通 CFast用交換ソケット

    CompactFlash用交換ソケット

    CFC-900SK

    CFS-900シリーズ共通 CompactFlash用交換ソケット