TOP  >  製品詳細情報  >  監視カメラ・ハウジング  >  Hikvision IPカメラ  >  H.265+(Hikvision)の圧縮効率について

H.265+(Hikvision)の圧縮効率について

Hikvision バレットカメラHikvision 録画機

Hikvision製の監視カメラおよび録画機に採用されている映像圧縮方式「H.265+」は、業界スタンダードの「H.265」の圧縮効率を更に向上させ、より長時間の録画データを保存できるようになります。

ハイビジョンを超える4Kが一般的となった高画質映像監視時代となり、大量のHDDやSDカードを必要とされる現状に、量を低減させてコストを改善する決め手となる画期的な方式です。

 

H.265+の比較表

上の表は、同一型番(DS-2CD2025FWD-I)のカメラに、同一型番・同一容量(4GB)のSDカードを挿入し、H.264/H.264+/H.265/H.265+ それぞれのコーデック録画し、映像の時間を比較したものです。

H/265+の圧縮率の高さが際立ってます。

(実際の容量は撮影のシチュエーションにより異なります)

H.265+の比較グラフ

データサイズの比較をグラフ化した表です。

現在、一般的に使われているH.264方式と比べて、標準のH.265方式もデータサイズを半分程度に圧縮できる優秀な方式であることがわかります。
H.265+ではH.264と比べると、最大約1/6もの圧縮が可能となるたいへん高効率な方式です。

高画素化により増大する録画映像容量を、大きく節約できます。

 

H.265+解説動画

 

Hikvision製 IPカメラのページへ

録画機のページへ

プリンタ用画面

取扱リスト