TOP  >  製品詳細情報  >  監視システム  >  クラウドサービス録画システム  >  クラウドサービス録画システム 「NetBan Cloud」

NetBan Cloudヘッダー画像

 

これからは「クラウド録画」の時代です。

ネットワークカメラの録画先をインターネットのクラウドサーバとすることで、監視カメラ用の録画機(NVR)を設置する場所の確保や、メンテナンスを行う面倒から開放されます。
従来型の現場に設置する(オンプレミス)NVRでは、万が一故障や災害などが発生した際の機能回復に現場スタッフでは対応が出来ず、修理が完了するまで録画および再生が行えなくなる問題がありましたが、クラウドを利用すればそのようなリスクを回避できます。

 

クラウド監視環境の構成例

 

クラウド化のメリット一覧

  • 録画用の機材(以下「NVR」とする)を設置しなくて済むため、専有する場所を確保する必要がなくなります。
  • NVR等の専用機材に掛ける初期投資金額が削減できます。
  • カメラの台数や解像度、画質やフレームレート、保存容量などの変更に対してマッチングするシステムへの変更が柔軟に行えます。
    利用状況イメージ
  • NVR等のハードウェアおよびソフトウェアを購入したり、設定したりする必要が無くなり、導入後に迅速な運用開始が可能です。
  • 管理ポータルで各種サービスの利用や構成の変更、制御、監視やデータのダウンロードなどが可能です。
    利用グラフ 利用状況はグラフで確認
  • NVRの故障リスクが無くなります。そのため、修理中に録画および再生が出来なくなる事もありません。
  • 災害などでNVRおよび記録メディアが消失した場合でも、クラウド上に映像が残っているため、録画映像保守の面で安心です。
  • インターネットを介するため、スマートフォンなどインターネットに接続可能な様々な端末からリアルタイム監視が可能です。

 

旧来システム(オンプレミス:NVR・サーバ)とクラウドシステムの比較表

  クラウド オンプレミス
1. サーバ設置スペース 不要 設置とメンテナンスのスペースが必要
2. カメラ増設への対応 CPUパワーなどのリソースは短時間にアップ可能 時間が掛かる
3. サーバのメンテナンス 不要 数年毎にメンテナンスが必要
(HDD交換、フィルタ清掃 等)
4. サーバの管理 遠隔から管理ポータルで構成の変更、制御、監視やデータのダウンロードなどが可能 現地での管理が必要
5. 通信インフラ インターネットへの接続が必須
UPLOAD帯域が要求されるため、光回線を推奨
インターネット接続は不必要
(遠隔監視を行わない場合)

 

お問い合わせ
プリンタ用画面

取扱リスト